Hatena::Grouptetudou

國鐵廣島

國鐵廣島

國鐵廣島とは、「JR西日本広島支社」の俗称である。

概要

「酷鐵廣島」、「國鐵廣島鐵道管理局」とも。なし崩し的に「国鉄広島」も可能。

JR西日本は京阪神間で使われていた103系、115系、キハ58系といった古い車両を広島支社を姥捨て山にしているため、こう呼ばれる。(気動車には1形式のみ新車も入っているが・・・)

1982年にいち早く都市間輸送のためのパターンダイヤを導入するなど、先進的なエリアであったが時代を先取りしすぎていたためか、その後30年近くにわたって進化から取り残されてしまっている様子。

ガムテープが得意技。最近では、雨漏り車両もよく見かける。

同じJR西管内では、金沢(澤))支社がこれに近いが、特急「雷鳥」「北陸(寝台特急の1往復)」「北越」急行「能登」「きたぐに」を除き特急列車はほぼJR車であり、また国鉄型もほとんど当時の色に復元されている。寝台特急や急行(JRで残った最後の3本のうちの2つ「能登」「きたぐに」・・・広島ネットワークの最終段を参照)も発着することから、ファンからかなり評価を得ている。さらに521系電車の大量投入により普通列車においても国鉄型を駆逐し始めている為、廣島とはわけが違う。

国鉄廣島のどうでもE編成な基礎痴識

ニュータイプ 40N完全リニューアル(転クロ)※公式正式名称

偽タイプ 40Nリニューアル(クロスシート)

(オカG編成、フチR編成、T-04を除くセキT編成)

嘘タイプ 1000、2000番台30Nリニューアル(塗装と転クロ ※ドア、天井はそのまま)

クソタイプ 中間車(C-14・21は+岡山方クハ)のみ体質改善施工で、Tc車の塗装を合わせたもの。

(C-14・16・21・24編成)

ハゲタイプ クハ115-219(C-14)・622(G-02)。

オカ時代に施工された謎の原型張上げ更新改造車。お家芸特産品。

オレオレタイプ 3000番台30Nリニューアル(塗装と化粧板変更 ※ドア、天井、シートはそのまま)

チクビーム デカ目前照灯を埋め、その上にシールドビームを取り付けたもの。(由来:見た目から)

黒チクビ 上記のチクビームを瀬戸内色からリニューアル色へ変更したもの。(C-16・21編成)

黄チクビ 上記のチクビームを末期色へ塗装変更したもの。(G-02編成)

ガムテープ ガムテープで車体を補修したもの。稀に出現。事故時の回送以外で度々運用される。

ガムテ塗装 國鉄廣島による愛の美学。ガムテープで補修した上から塗装する究極の鉄道車両補修法。

オー編成 最近出現。応荷重の「オー」、Nの次のアルファベットで「オー」等の諸説あり。

セキC編成のうち嘘タイプの編成。

ティー編成 御年43・45歳。115系の最古参車両。フチR編成の転属により絶滅か?

アール編成 115系モハ改造2連。T編成あぼん用配給チョコ入り食パン。T-11~編成化?

C-20 両端が鉄仮面で瀬戸内色最後の3000番台クハ。遠からずリニューアル→O編成化へ?

キト113 最近京都から広島へ続々送られている113系。カフェオレ、湘南色問わず参上。

E-04 両端クハが東日本から購入した高運車。103系。クハは1両1万円!

D-01 103系冷風3連。トイレも付いて100年経ってもだいじょーぶ!

デカ目 115系のうちライトが際立って大きいもの。

ティー編成と共に最古参級で、國鐵型の中でも特に支持され続けていた編成。

電気代がかさむため、全てチクビームにされてしまった。

広島シティネットワーク

通称、國電区間。各路線で國鐡車両による快速運転が行われる。

山陽本線 - 白市~南岩国(快速シティライナー・通勤ライナー)

呉線 - 広~海田市(快速安芸路ライナー・通勤ライナー)

可部線 - 横川~可部(快速通勤ライナー)

芸備線 - 広島~狩留家(快速みよしライナー)

これらとは別に、「みよし」という急行列車が走っていた。「みよし」は昼間の急行列車で、多くの鉄道ファンに惜しまれつつ引退した。廃止後も夜行急行「能登」「きたぐに」「はまなす」が残る。

ご理解とご協力を強制されたい乗客に戦慄の國鐵・廣島

30Nなら大丈夫だろうと思っていたら下関方クハは同じような色の糞タイプだった

幡生のホーム横の工場で西日本最後のデカ目湘南色113系が解体されていた

改札機がガガガガッと言ったので切符を見てみると自動改札機ではなく自動入鋏機だった

デカ目のクハが幡生に入場し、出場したらチクビームになっていた

車で下関駅に突っ込んで暴れた、というか今度は放火で全焼

前面幕が活用されず、103系も「117系も」全車白幕にされた

在来線から新幹線までの10mの間にマツダ(本社が向洋駅のすぐ近くにある)の新車が展示されていた。

気動車の送り込みも客扱いすれば効率的だろうと思ったら、ステップの段差でお年寄りが転倒し、負傷した

利用客の1/3が隙間風経験者。しかも転換クロスの下に空間があるという構造から「30Nほど危ない」

「下関~岡山の長距離運用がボロな訳がない」といって出て行った旅行者が5分後G編成に揺られていた

「115-550の豪華内装は快適だろう」とwktkして出て行った鉄が少ない座席にありつけず立っていた

最近流行っている素材は「ガムテープ」 低予算で車体を補修できるから

新山口駅から発着する列車はホームで撮影できる確率が150%。一度引き上げてきてまた入線する確率が50%の意味。なお、特急型のみはJR車、制御振り子装置完備のキハ187系が使用されている。

広島駅におけるJR在来線車両の発着は1日平均4回、うち4回が芸備線のキハ120。ただし、新幹線の場合は国鉄型の割合が逆転する(2008年11月、0系が引退し、広島駅に残ったのは国鉄末~JR初期に製造された100系のみ。ほかは全てJR以後に製造された)。

関連動画